何十年ぶりかのボーリングを楽しみました

私が小さいころは家から近い場所にボーリング場があったため、家族で良くボーリングへ行っていました。中学生の頃も休みの日に友達とボーリングをしたりしました。けれど、結婚してしばらくして地元にマイホームを建ててボーリング場付近を通ると、ボーリング場はなくなっていて他の建物に変わっていたのです。子供が小さかったので、ボーリング場へ行くという発想はなかったのですが子供が大きくなるうちに子供の周りの友達が「家族でボーリングをしてきた」という話を聞いてきて、子供たちも「行きたい」というようになりました。
そこで、ボーリングの話を実家近くに住む母に話していると「みんなで行こう」という話になりました。自宅から1時間弱の場所が一番近いボーリング場なのですが、両親と私たち家族、姉家族たちと総勢12名でボーリングをすることになったのです。まずは靴を借り、ボールを選び2つのグループに分かれそれぞれのレーンでゲームをスタート。低学年以下の子供たちはガーターにならないレーンを立てる設定をしてもらい、一番小さな3歳の姪っ子はボールを転がすための滑り台を借りてきました。私の息子は初めてだったのですが、力が強くて加減が分からなかったようで最初はガーターばかり。少しコツを教えるとみるみるうちに上手になっていき最後は満足していました。
私や両親は20年ぶり?というぐらいの久しぶりのボーリングでした。父は運動神経が良い人なので久々のボーリングでもハイスコアを出していました。私や母はそれなりのスコア。それでもスペアやストライクを出した時は子供のように喜んでしまいました。ですが、楽しかった時間が終わると同時に筋肉痛が襲ってきました。膝の上や腕が痛くなり、日ごろの運動不足を痛感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です