耳の調子が悪くなるのは水分不足が原因?

車などで急に高い山に登ると、気圧の急激な変化で、耳の調子が悪くなることがあります。
軽度の症状ならば、唾を飲み込むだけで改善されることもあります。

最近、朝起きてしばらくすると耳の調子が悪くなっていました。
前兆があり、耳の中がボヤーっとしてくる感じがあります。

しばらく経つと、動くと耳の中がガサガサ言ってきます。
最初は何が原因かわからず、ビタミン剤などを飲んでみましたが、ほとんど効果がありませんでした。

屋内と屋外の気温差が激しすぎて、耳の調子が追いついていかないのだと思いました。
特にエアコンの下にいると、この症状が起こりやすいような気がしました。

しかし、エアコンの効いていない部屋に行っても症状は改善されませんでした。
そこで水分不足かもしれないと思い、水分補給を多めに摂ったら、症状が改善されてきました。

今のところは水分補給が一番効果はあるようですが、これもまだ確定とは言えません。
しかし、耳の中の状態がボヤーっとし始めた頃に、水分補給をすると症状が消えていくようです。

夏は冷房が効いた部屋の中に居ても、随時汗をかいています。
その為、十分すぎるくらい水分補給をしないといけないのかもしれません。

水分不足は熱中症にもなりますし、頭痛の原因にもなります。
特に寝ている時はかなりの水分が体内から抜けていきます。

なので、朝起きたら水分補給をしっかり行ったほうが良いと思います。
朝起きてから耳の調子が悪くなるのは、もしかしたら水分不足によるものかもしれないと思っています。

体の水分不足はいろいろな不調をもたらしてしまうようです。
なので、やはり日頃から水分不足にならないように気をつけていきたいです。

水分補給する飲み物も利尿作用が強いものはかえって逆効果になってしまうので、体内に浸透しやすいものを選んでいこうと思っています。

おすすめサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です